上大岡 美容室 美容院 ヘアサロン
Re:berta リベルタ

045-370-8455

ご予約

BLOG

ブログ

最新の情報をお届けします

- スタッフブログ -

縮毛矯正の失敗 の直し方

縮毛矯正の失敗 の直し

縮毛矯正の失敗 の記事を書いています、谷本と申します。

 

 

前回のブログでもご紹介していただいたように、僕は縮毛矯正やクセ毛の扱いが得意分野で、年間1500人以上の実績があります。

 

 

そしてその中でも少し特徴的なのが、他の美容室での失敗のお直しを承っています。

 

 

今回のブログでは実例と補修例をご紹介していきます。

 

 

  • クセがあまり伸びなかった
  • 薬剤が強すぎてバサバサになった
  • 根元が折れてしまった
  • ビビリ毛や髪が切れてしまった

 

 

とタイプ別に4つに分かれます。

 

 

縮毛矯正は上手な美容師さんが適正にかけると、まるで髪が生まれ変わったかのようにツルツルで、まとまりのある綺麗なストレートヘアーになります。

 

 

ところが経験不足や、時短のための雑なやり方で縮毛矯正を失敗 すると…

 

 

真逆のジリジリになってしまったり、高い料金を出したのに伸びていないなど、悲しい思いをしたお客様を数多く担当させていただきました。

 

 

それでは少し長くなりますが、よければ最後までご一読ください。

 

 

ストレート失敗ケース①伸びていない

 

これは日常的によく目にする失敗です。

 

 

なぜ伸びないかというと、

  • 髪に対しての薬剤が弱すぎた
  • 薬剤の反応時間が短すぎた
  • アイロンが雑で熱不足

などが原因で起こります。

 

 

縮毛矯正の薬剤は、髪のダメージや太さによって反応のスピードが変わります。

 

 

健康で髪やキューティクルがしっかりすてる後ろの髪はなかなか反応せず。

 

 

逆に髪がダメージしていたり、もともと細い顔周りの髪などはすぐに反応していきます。

 

 

こまめに薬剤の反応スピードをコントロールしたり、そもそも薬剤自体を調節しないとこのように、

 

縮毛矯正の失敗 の直し方

 

後ろの髪が伸びていないという失敗が起こります。

 

 

こちらのお客様は2ヶ月前に縮毛矯正をかけたところですが、新しいクセ毛の2センチよりも長く髪がうねっています。

 

 

前回の縮毛矯正でクセが伸びていなかったのでしょう…

 

 

この伸びの甘かったストレートの補修は、新しいクセ毛にはしっかり反応する薬剤を。

 

 

伸びていないとはいえ、一度縮毛矯正をかけてあるところには優しい薬剤を使ってアタックしていきます。

 

 

アフターがこちら。

 

 

根元の新しいクセ毛も、前回の伸びが甘かったところも均一に綺麗になりました。

 

 

ポイントはすべて同じ薬剤でいくのではなく、素材によって薬剤のパワーを細かく調整してあげることです。

 

 

 

ストレート失敗ケース②薬剤が強すぎてバサバサになった

 

このケースもよくお見かけします。

 

 

特に根元用の薬剤で、毛先の傷んでいるところまで縮毛矯正をしてしまい、失敗していることが多いです。

 

 

クリーム状のストレートの薬剤をきっちり塗り分けるのは、時間と手間がかかります。

 

 

技術的にも正確な塗布は難しく、時短のために毛先まで同じ薬剤を使う人がいます。

 

 

縮毛矯正の薬剤は強すぎると劇薬にもなるので、このようにドロドロのバサバサになります…

 

 

このケースの補修は、特殊な薬剤で髪をほんの少しゆるめ、ぐちゃぐちゃに記憶させられている髪を整えると、

 

 

このように最小限の負担で綺麗になります。

 

 

今回はいい症例を載せましたが、あまり治らない時もあります…

 

 

縮毛矯正やパーマは髪の中身が形を記憶します。

 

 

髪がダメージしすぎていて髪の中身が残っていなかったら、僕がストレートを傷ませずにかけても、その記憶をあまりしてくれません。

 

 

もちろん現状より酷くすることはありませんが、どこまで治るかはその髪の中身次第ですので、状況によっては補修をオススメしないこともあります。

 

 

僕はこの手の症例を何十件も何百件も見てきていますので、カウンセリングの時点で僕の見通しを先にお話いたします。

 

 

やらない方がいいと感じた場合、無理にお客様に補修を勧めることはありません。

 

 

 

ストレート失敗ケース③根元折れ

 

この根元折れ(根折れ)は、美容師さんが縮毛矯正の一剤の塗布ミスによって起こります。

 

 

縮毛矯正は地肌からではなくて、根元数ミリを空けて塗られているのをご存じでしょうか?

 

 

クセ毛でお困りのお客様は、その根元数ミリも気になるかもしれませんが、そこは絶対に塗ってはいけないところなのです。

 

 

髪は地肌から飛び出すように生えています。

 

 

ところが地肌から薬剤をつけてしまうと、髪は毛根から見ると折れたように固定されて、伸びてきたときに、

 

縮毛矯正の失敗 の直し方

 

このように、自然には治らない折れ目ができてしまいます…

 

 

さらに怖いのが、縮毛矯正という劇薬をつけて無理やり折れた髪は、最悪そこから千切れていきます。

 

 

とはいえ切れてさえいなければ、折れ目自体は綺麗にすることはできます。

 

 

特殊な酸性でも働くパーマ液を、通常の3分の1程度に調合してアタックすると、

 

縮毛矯正の失敗 の直し方

 

このように折れ目がわからないくらいに。

 

 

ですが一度折れた髪を戻しても、そこで過度な負荷がかかっていたことには変わりません。

 

 

ですので正直なところ切れるべき髪は、普段の生活の中でも僕の補修の中でも多少は切れます。

 

 

もちろん折れ目全てが切れるわけではありませんし、自然には治らない根元付近にできる嫌な質感は、いつか誰かが治してあげないと何年も悩むことになります…

 

 

一番は失敗しない縮毛矯正に慣れた美容師さんにお願いすること。

 

 

それでも失敗した時は谷本にご相談ください。

 

 

日本でもトップクラスにこの根折れ補修を担当しています。

 

 

 

ストレート失敗ケース④ビビリ毛や髪が切れてしまった

 

縮毛矯正の失敗の中で、一番深刻なケースがビビリ毛や断毛です…

 

縮毛矯正の失敗 の直し方

 

正直なところ2020年現在、この状態を根本的に直すことはできません。

 

 

直せる可能性のある施術自体は僕もできます。

 

 

しかしどこまでキレイになるか保証はできませんし、髪の状態によってはあまり効果を実感できないケースもあります。

 

 

強すぎる薬剤で髪の中身がすべて溶けだしてしまっているのが、ビビリ毛や断毛となります。

 

 

僕が改めて傷ませないように「まっすぐなれ」という施術をしても、髪の中身がその記憶を保持するのでキレイに直らない可能性も高いです。

 

 

やはり一番は無理のない範囲でカットする。

 

 

そして髪質改善メニューやトリートメントで誤魔化すのが無難です…

 

 

 

失敗されたあとの問題

 

ここまでは失敗の種類や原因、直し方を書いてきました。

 

 

失敗を直すのも大切なのですが、失敗をされた次の縮毛矯正が一番難しいのです!

 

 

新しく伸びた健康なクセ毛のすぐ横に、薬剤が一瞬で反応してしまうようなダメージ毛がたくさん存在します。

 

 

例えるなら、見えない地雷やその予備軍のすぐ近くで火を使うようなものです。

 

 

どんなに丁寧に塗っても薬剤やダメージの状態によっては、シャンプー台で洗い流す一瞬で髪が爆発する恐れもあります…

 

 

失敗された髪の状態と、新しいクセ毛の伸びに折り合いをつけながら、少しづつリハビリしていく。

 

 

そんな期間が必要となってきます。

 

 

ある程度ダメージ部分が根元から離れてくれたり、僕の縮毛矯正が根元との間に安全地帯として入ってくれば、クセ毛の伸ばし方も良くなっていきます。

 

 

もちろん通常の状態であれば、2ヶ月に一度の縮毛矯正でも根元だけをやっていれば、

 

縮毛矯正の失敗

 

これくらいキレイに伸ばしていけます。

 

 

カラーなどとは違って年に数回の縮毛矯正なので、その時だけは僕に担当させてくれるために、他府県や遠方からもお客様がご来店されます。

 

 

縮毛矯正の失敗 をされた方は、ぜひ谷本にご相談ください。

 

 

一緒に出口にいきましょう。

 

 

(注)縮毛矯正の失敗のお直しは、谷本指名でお願いします。

他店の失敗の補修は別途料金をいただく場合がございます。

 

 

ネット予約に対応していないメニューのため、予約は谷本の公式LINEからご相談、ご予約を承ります。

 

谷本公式ラインアカウント

 

 

 

横浜、上大岡 美容室 リベルタ 

縮毛矯正、髪質改善トリートメントがおすすめな美容室

<img src = "http://re-berta.com/cms/wp-content/uploads/2018/08/image4-2.jpg" alt = "上大岡美容室/>

白を基調とした明るい店内

横浜市港南区上大岡西1-12-2 パルポート上大岡704

京急上大岡駅、ブルーライン上大岡駅から徒歩五分以内

平坦な駅前の道を真っ直ぐ来るだけ^^

駅前にも関わらず、マンションの7階ですが静かな空間、落ち着いた雰囲気のプライベートサロンです。

人目を気にせず施術を受けられます。

大型サロンが苦手な方も、おしゃれな美容院をお探しの方も是非御利用ください。

 

 

 

お客様からの声

外部のサイトではありますが、

お客様からの口コミやご意見を載せていますので、

ご来店の参考にしてください^^

口コミ

これからのお店作りの参考にさせていただきますので、いい口コミもそうでないものも是非、お客様からの声をお聞かせください^^

お客様の意見を真摯に受け止め、居心地の良い美容室でありたいと思います。

口コミはホットペッパービューティーから反映可能です。

皆様の声お待ちしております。

 

 

ご予約のお願い

リベルタでは現在マンツーマン体制のプライベートサロンのためご予約に限りがございます。

お客様の居心地の良い時間を確保するため、

ご予約はお早目にお願いいたしております。

ネットからのご予約はシステムの関係上制限してお取りしておりますので、ネット予約が×でもお問合せしていただければお取りできる場合がございます。

ネット予約×の場合の当日の予約確認はお電話にて、

045-370-8455

それ以外のお問合せはLINE@でも承っております。

※営業中は返信が遅くなりますので前日までにお問い合わせください。

 

line@登録(QRコードを読み取るだけ)

 

LINEをお使いの方であればどなたでも利用可能です。面倒な手順もなくお友達に追加していただくだけで完了です。

メルマガのように不必要にLINEをこちらからすることはありませんし、登録された情報をこちらが確認することもございません。

登録者からトークが来ることで情報がわかります。

LINEだとフルネームや本名でされている方が少ないので、ご予約のお問い合わせの際には、お名前、メニュー、希望の日にちと時間を入れて頂きますと、返信もスムーズにいきますので宜しくお願いいたします。

「電話が苦手なのでLINEだと気軽に予約が取りやすい」

との声もいただいております♪

LINE@に登録で、二回目以降会員価格でのご案内、ポイントが付くなどのサービスを行っています^^

ご来店をお考えの方は是非登録してみてください♪

限られた時間の中で、一人でも 多くの お客様の髪 を よくしたいと考えておりますので、ご協力をお願いいたします。

CONTACT

10:00~21:00

最終受付 カット19:30

定休日:不定休

tel.045-370-8455

京急線・地下鉄ブルーライン「上大岡」駅から徒歩5分の美容室。3席のみのプライベート空間で人目を気にせず、日常を忘れてリラックスできるヘアーサロンです。